なぜagaは起こるのか!?原因物質と対策を紹介

なぜagaは起こるのか!?原因物質と対策を紹介


薄毛を引き起こす悪玉男性ホルモンとは

悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響により、発毛阻害が生じるのがagaです。毛母細胞が正常に成長できなくなるので、痩せ細って軟毛化していきます。男性ホルモンの分泌量が多い男性は発症しやすいとされ、例えば体毛が濃い、性欲が強いといった男性は要注意です。発症年齢は思春期以降なので、思春期のころはフサフサであっても安心できません。20代前半くらいからおびただしい抜け毛に悩まされる男性がいるので、抜け毛が増えるタイミングを見逃さないようにしてください。agaには遺伝も関係していますが、遺伝体質を受け継ぐ人もいれば、ほとんど受け継がない人もいます。そのため親が薄毛に悩んでいるからと、自分も薄毛になるとは限らないです。

Agaを誘発する症状を予防すること

肥満の人はagaのリスクが高くなると言われています。肥満の状態は体脂肪を多く抱えており、血中脂質も高くなる傾向があります。血液がドロドロになると、毛母細胞に栄養を届ける機能が低下するのです。肥満以外では脂質異常症、高血糖、高血圧なども血行障害の危険因子となります。髪は身体の内側から生まれるものですから、健康な髪のためには健康な生活が欠かせません。睡眠時間が極端に短い、ほとんど運動をしない、といった人も注意してください。睡眠が欠乏すると心身のバランスを崩し、身体が不健康に傾いていきます。運動不足も基礎代謝に影響し、毛母細胞の活動を妨げます。慢性的な不調を感じている人は、特にagaのリスクが高いと考えてください。

agaを横浜で対応する皮膚科のクリニックには、最新のメソセラピーや内服治療を組み合わせた治療を実践しているところが目立ちます。

Previous post 納得のいく全身脱毛とは?価格と満足度を考えた選び方
Next post 男性ホルモンがすべての原因!?agaの予防が困難なわけ