男性ホルモンがすべての原因!?agaの予防が困難なわけ

男性ホルモンがすべての原因!?agaの予防が困難なわけ


根本的な要因は男性ホルモンにある

抜け毛が著しく増える、頭髪の一部が薄くなる、などがagaの特徴です。悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンが作用するタイプの薄毛で、思春期以降の男性に見られます。女性はagaにはならないとされていますが、ホルモンバランスに問題があるとfagaと呼ばれる女性男性型脱毛症を発症するケースがあります。いずれの症状も成長期が短くなり、抜けてしまうのが特徴です。

agaは男性ホルモンに由来するため、根本的な対処法は男性ホルモンのコントロールになります。それ以外の対策で発毛させるのは困難ですが、薄毛の進行を遅くしたり、現状を維持させたりすることは可能です。agaを改善させたい場合は医療機関、予防をしたい場合は育毛サロンまたはセルフケアで対応します。

なぜagaの発症を抑えることは難しいのか

遺伝性の脱毛症のため、どのようなタイミングで発症するか予測ができません。また遺伝体質でなくても男性ホルモンの分泌が多いと、発症する確率は大いにあります。それゆえagaは事前の予防対策が難しく、本格的に発症してからアプローチすることになります。発毛剤や内服薬なども予防対策には向いていません。医薬品には副作用があるため、症状を確認してから使用してください。

ただし育毛剤は医薬品には分類されないので、頭皮環境を健全に守る目的で使用しても大丈夫です。発毛剤は髪を増やすのが目的であるのに対して、育毛剤は現状を守るという目的があります。いずれにしても現在において、医療機関での処置も含めてagaの発症を完全に抑える方法は存在しません。

agaを京都で治療する場合は、ネットの口コミなどが参考になります。実際に体験した人の生の声は信用できる情報です。

Previous post なぜagaは起こるのか!?原因物質と対策を紹介
Next post 脱毛を始める時期はいつがいい?ベストな施術タイミングは?