平成から令和のファッションの傾向と今後の予測は?

平成から令和のファッションの傾向と今後の予測は?


平成時代に流行ったファッションを振り返る

平成は1989年から2019年までの時代ですが、30年間でさまざまな服のトレンドがありました。そのひとつが、ギャル系と言われるもので、1990年代に入ってかなり盛り上がったトレンドだと言えるでしょう。コギャルという流行言葉が生まれたように、高校生がはくようなルーズソックスや花モチーフのヘア小物、メイクもしっかりアイラインを囲んでデカ目を強調するようなものも多く見られました。

また、どんなアイテムが流行ったかといえば、まずはチュニックと言われるAラインのワンピースのようなもので、合わせやすく、気になる体形もカバー出来る点から多くの世代に支持されました。次に、スキニーと呼ばれる脚にぴったりフィットしたパンツで、脚が長く見えるなどの効果も期待され、色柄展開も豊富なことから、こちらもコーディネートしやすいアイテムのひとつでした。

平成後半から令和時代にかけてのファッションの傾向

2000年代頃になると、皆がそろって流行トレンドを追うというよりは、それぞれが好きな洋服を着るという多様化の傾向が強まってきたとも言われています。山ガールや海ガールのように、趣味や嗜好をコンセプトとしたファッションが注目されてきたのも平成の後半頃です。

また、インターネットが普及したことにより、自宅にいながら雑誌やショーで見た服を手軽に買えるようになったこともあります。カリスマモデルと言われるような、スタイル抜群のプロではなく、読者モデルのような身近な雰囲気の女性が通販サイトなどに登場することも増えつつあります。読者モデルが日常的に合わせやすいコーディネートを見せてくれることで、参考にしながら自由に好きな服を身に着ける、そんな傾向がこれからも高まっていくのかもしれませんね。

腕の脱毛は二の腕から手首までが、一般的な施術範囲とされています。この範囲内で特に施術件数が多いのは、ひじの裏です。

Previous post 30代メンズにおすすめ!春のシンプル大人っぽいコーデ
Next post 場面別!コーディネートの選び方について見ていこう